スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
下関市の対岸 北九州市門司区
関市のお隣、関門トンネルを抜け、約3分の所にある門司港レトロ地区。 
このあたりは、2007年8月13日(月)開催の関門海峡花火大会の日は沢山の人で身動きが取れないほどになるようです。

お天気のいい日に店長が写真を取ってきました。
歴史的な解説や門司港名物 バナナの叩き売りのお話など盛りだくさん。 お天気がいい日は私も久々に行ってみようと思います。


バナナの叩き売りキティ≪vol.2≫ ぬいぐるみマスコット
博多桃太郎

九州地区限定で門司港名物バナナの叩き売りキティーがあるそうです。そのほかドラえもん、カトちゃんなど。 お土産にどうぞ。

かける@店長日記編集長




JR門司港駅

ここは九州の入り口JR門司港駅
昔はここに門司鉄道管理局(今で言うならJR九州の本社)
が、ありました。
故佐藤栄作首相もここ門鉄出身です。


2007/04/20 店長日記より 


JR門司港駅
昔は本州に渡りたい人はここで一旦列車を降りてフェリーで対岸の下関へ。
写真では歩道が右に上がってるように見えます。
実は昔この先の歩道の下に、フェリーに列車を積み込むためのトンネルがありました。
三井倶楽部
レトロ門司でも代表的な建物「三井倶楽部」。
かのアインシュタイ博士ご夫婦が泊まった所として有名ですし、今でも室内は当時を再現しております。

このような歴史的建造物がこの地区には沢山あり
「レトロ門司」として観光整備されております。

桟橋通り
この通りは何と言っても「バナナの叩き売りの発症の地」
当時の門司港は国際港としても、超有名な港街。

→天然の水深の深さがここ門司港にはあります。
当時港湾技術がないときに大型船が寄港できたのは
日本には数箇所もなかった時代に
国際港「エキスポート モジ」は世界の海運界では有名に。

そして、その副産物が、バナナ。
冷凍冷蔵船のない時代は、台湾から輸入されたバナナをここに陸揚げし倉庫に。

品質悪くなったバナナを売る目的で始ったのが「バナナの叩き売り」

バナちゃん節の紹介のホームページです。
音声も楽しめますよ。

春よ3月春雨に、弥生のお空に桜散る♪
奥州仙台伊達公がなぜにバナちゃんにほれなんだ♪

毎年、JR門司港駅前広場で「バナナの叩き売り」大会もありますよ。

2007/04/20 店長日記より

下関の対岸門司にご案内します。http://blog.u-ai.shop-pro.jp/?eid=229344







スポンサーサイト
【2007/07/06 09:50 】 | 関門かんこう日記 | コメント(1) | トラックバック(1)
<<焼きさばが美味しそう | ホーム | うまく(美味)できましたよ、網焼きハンバーグ>>
コメント
うちまる店長トラバありがとうございました。
かえしのトラバ、門司港レトロにしようか海響館にしようか迷ったのですが、みんなが観光で行かないところというか、「門司ってこんなとこ」という事を知ってもらいたいので、うちの裏山(^^; の記事をトラバしましたが無事届いたでしょうか?
【2007/07/16 00:33】| URL | さんぽ #Ay6tTHf6 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
裏山にて
                    今日は8月31日。 後、数分で明日から
【2007/07/16 00:28】 | きょうもおさんぽ
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。